水戸市 糖尿病・甲状腺センター 医療法人永和会 みなみ赤塚クリニック

〒311-4153  茨城県水戸市河和田町4940 アクセス
TEL 029-257-6060
予約 029-297-8033
つちうら糖尿病内科
メニュー
医療法人 永和会
みなみ赤塚クリニック
内科、糖尿病・代謝内科、内分泌内科
〒311-4153
茨城県水戸市河和田町4940
TEL 029-257-6060

診療時間

午前 ×
午後 × ×
受付時間(診療時間)
午前 8:20~12:30
   (9:00~13:00)
午後 14:50~17:30
   (15:00~18:00)
※土曜日の診療について 第1、3週 9:00~13:00
第2、4週 9:00~16:00(昼休みなし)
第5週 休診
【休診】水曜午後・第5土曜・日曜・祝日
地図
みなみ赤塚クリニック広報誌
学会発表
スタッフ募集中
つちうら糖尿病内科
東十条さかい
ストレス対策

暑さも和らぎ過ごしやすい季節になってきましたが、「季節の変わり目」でもあり、身体的にも精神的にも疲れが出てくる頃ではないでしょうか。
特に今年は「新型コロナウイルス感染症」の流行による不安や自粛生活により、通常よりもストレスをためやすくなっている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、「ストレスが心身に与える影響」と「ストレス対策」についてご紹介していきます。

ストレスとは

ストレスとは、外部からの刺激によって、身体に生じた反応を意味しています。
ストレスの原因となる外的刺激を「ストレッサー」といい、以下の表のようなものが挙げられます。

ストレッサーの種類 具体例
物理的・科学的なもの 暑さ・寒さ(気候)、PM2.5、排気ガス(有害物質) 等
生理的なもの 病気、疲労、飢え、睡眠不足 等
心理的・社会的なもの 職場や家庭における不安・不満・緊張・恐怖・怒り 等

この中でも、人間では特に「心理的・社会的ストレス」が大きいと言われています。

ストレスへの対処法は様々ですが、同じストレッサーでも受け止める人によっては「よいストレス」になるか「悪いストレス」になるかが大きく分かれます。
ストレスをうまく制御できた場合は適応といいますが、うまく制御できなかった場合は不適応を起こし、心身に様々な影響が現れます


心身への影響
■身体面への影響

●消化器系
消化性潰瘍(粘膜にできる、深部にまで及ぶ組織の欠損。)、吐き気、便秘、下痢 等

●心臓、血管系
高血圧、血行不良、めまい、動悸 等

●呼吸器系
気管支喘息 等

●その他
倦怠感、頭痛、皮膚炎 等

■精神面への影響

不安、不眠、抑うつ、情緒不安定 等


ストレス対策
■3つのRを心がける

上記のようなストレスに適切に対処するため、以下のような「3つのR」を心がけることがよい方法です。

① レスト(Rest):休息、休養、睡眠
② レクリエーション(Recreation):運動、旅行のような趣味娯楽や気晴らし
③ リラックス(Relax):ストレッチ、音楽などのリラクセーション


■レスト(Rest):休息、休養、睡眠

質の良い睡眠、休息をとる

自分を見つめなおす時間を作る

リラックスする時間を作る

より良く生きるために、将来への準備や身の回りの調整を行う 等


■レクリエーション(Recreation):趣味娯楽や気晴らし

適度な運動を行う

塗り絵、簡単な楽器の演奏 等

適度に手先や身体を動かしながらの遊びを心から楽しむことで脳や身体を活性化します。


■リラックス(Relax):ストレッチ、音楽などのリラクセーション

好きな音楽を聴く

ヨガやストレッチなどで身体の疲れをほぐす

アロマテラピーを楽しむ 等

その他、「早寝・早起き」「バランスの良い食事」「禁煙」など、健康的な生活習慣を心がけることは、ストレス対策の基本となります。
しかし、忙しい毎日でこれを習慣にすることはなかなか難しい場合もあるため、まずは「3つのR」の中でできることから始めてみましょう


新型コロナウイルスによるストレスと対策

昨今の新型コロナウイルス感染症の流行によって、感染に対する不安や自粛生活などによるストレスを抱える人が増えています。

「どう対応してよいかわからない」「感染がどんどん広がって先が見えない」「いつまでこの状況が続くのか」といった恐怖や社会生活への不安を抱えるのはとても自然な感情です。

この状況によるストレスや心の問題に対応するため、以下のような対策もお勧めです。


■感染に対する不安を取り除く

手洗い

うがい

マスクの着用

アルコール消毒

人の多く集まる場所は避ける 等


■自粛疲れ対策

自宅でもできる軽度な運動を継続して行う

電話やビデオチャットツールでコミュニケーションを行う 等


まとめ

ストレスになる要因は日々溜まっていくものです。無理せず続けられるものを少しづつ継続していきましょう。また、「自分はまだ大丈夫」と過信せず、定期的に自分の状態を客観視することも大切です。




提供:メディアコンテンツファクトリー